無料カタログ請求・お問い合わせ
施工実績
施工実績

点検・安全

  • 遊具の点検・補修
  • 安全性について
  • 保証制度・保険制度
  • 大切な遊具をより安全に、より長くお使いいただくために、ハウツでは遊具の点検・補修も承っています。

    点検

    点検風景
    ハウツはSP表示認定企業です。
    初期点検

    初期の動作性能などを確認するために、共用後に製造・施工者が行う点検。


    日常点検

    管理者が目視診断・触手診断・聴音診断などにより、遊具の異常・劣化などの有無を調べるために日常的に行う点検。


    定期点検

    専門技術者が「遊具の定期点検業務仕様書」に基づき、一定期間(年に一回以上)ごとに目視診断・触手診断・聴音診断・打診診断・揺動診断、あるいはJPFA検査器具や測定機器などを使用して行う点検。


    定期点検は磨耗状況や変形、ならびに経年変化などについて確認する「劣化診断」と、JPFA-S:2008に基づき遊具の形状や安全領域などの項目について確認する「規準診断」があります。


    精密点検

    精密点検は、分解作業や測定機器を使用して行う詳細な点検。

    ハウツはこれまでに多くの地域で点検を行ってまいりました。

    ●福岡県 ●佐賀県 ●熊本県 ●山口県 ●長野県 ●兵庫県 など

    補修

    補修風景 補修 遊具を安全に永くご利用いただくためには

    老朽化が進んだ遊具や、JPFA-S:2008の規準不適合な遊具、使用していく際に発生した不具合など、今ある遊具を直したいとお考えの際はご相談ください。

    小規模な補修や再塗装から、手すりや安全マットの取り付け、消耗部材の交換、更には既存の遊具の撤去・新設など、ご要望にあったよりよい方法をご提案いたします。

    また他社製品でも(社)日本公園施設業協会のネットワークで部品・技術・情報の共有をメーカー間で行っていますので、適切な部品でスムーズに補修を行えます。

  • 「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」(国土交通省)に基づいています。

    安全規準 「遊具の安全に関する規準」((社)日本公園施設業協会)をクリア

    この規準は、(社)日本公園施設業協会(JPFA)が「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」
    (国土交通省)の内容に沿って、子どもにとっての「遊びの価値」を尊重し、重大事故を予防するという
    観点から策定しました。

    専門技術者 「公園施設製品安全管理士/整備技士」による安全管理

    JPFAが認定した公園施設製品安全管理士と公園施設製品整備技士が安全管理を行います。
    安全管理士は公園施設の計画・設計・製造・施工・点検・修繕などの業務の安全性を判定し、
    整備技士は公園施設の点検・修繕全般に関する業務を行います。

    点検・修繕

    点検は遊具の劣化やJPFA-S:2008不適合によるハザード(子どもが予測できず、
    どのように対処すれば良いかの判断が不可能な危険性)を早期に発見し、遊具による事故を予防するとともに、
    適切な維持管理業務につなげることを目的としています。
    修繕は、点検により確認した不具合を健全な状態に回復し、遊具の安全性を維持します。

    点検時に安全規準の適合判定に使用する専用の計測器具(JPFA)
    (社)日本公園施設業協会の安全規準をクリアした安全な遊具です。
    頭部・胴体の挟み込み
    子どもが自分の体格を意識せずに通り抜けようとした場合、頭部や胴体の挟み込みが発生しないように、隙間は胴体が入らない構造にするか、胴体が入る場合は頭部が通り抜ける構造としなければなりません。
    指の挟み込み
    φ8〜φ25mmの隙間や穴は指が抜けなくなる恐れがあるので、設けてはいけません。
    足の挟み込み
    踊り場や通路などの平坦な床面の隙間は、30mmを超えてはいけません。
    落下防止柵 突起物への配慮
  • 保証制度 耐用年数と保証期間 耐用年数と保証期間表

    但し、上記の各年数は設置環境やメンテナンス状況等により、異なりますのでご了承ください。

    下記の場合には保証期間内であっても保証範囲の対象外となリ、適用されませんのでご了承ください。
    ■乱用、または使用方法の誤りによる故障、損傷
    ■人為的・作為的、または故意による故障、損傷
    ■人災、天災などによる故障、損傷、破損、盗難
    ■お客様独自の御判断での改造(部材の追加・削除・加工を含む)による故障、損傷
    ■納入検収後の移動などによる故障、損傷
    当社は、社団法人日本公園施設業協会の契約する『公園施設賠償保険』に加入しております。 『公園施設賠償保険制度』

    (社)日本公園施設業協会(JPFA)の賠償責任保険は、
    「製造物・完成作業リスク」と「施設・業務遂行リスク」の二つからなる『公園施設賠償保険制度』で、
    当社はこの保険に加入しています。
    (遊具の安全に関する規準JPFA-S:2008に対応)。

    製造物・完成作業リスク

    保険加入会員企業が製造・販売・設置・保守点検等を行った公園施設の欠陥または瑕疵に起因し、
    保険期間中に他人の身体や財物に損害を与え、同企業が法律上の損害賠償責任を負担する場合に対応します。
    PL法、民法の両方に対応します。

    公園施設団体賠償責任保険加入証と総合賠償責任保険付保証明書